COLUMN

教えてエコフィット

トップページ > 教えてエコフィット > オール電化にすれば絶対光熱費が安くなる?多くの人が持つ誤った認識
2017.7.7

オール電化にすれば絶対光熱費が安くなる?多くの人が持つ誤った認識

省エネやエコに適した住まいを考える際、1つの選択肢として候補に上がるのがオール電化。
オール電化といえば光熱費が安くなるというイメージが付いていますが、オール電化にするだけで必ず光熱費が安くなるわけではないということをご存知ですか?

今やオール電化の住まいは珍しいものではなくなりつつありますが、実際にオール電化を導入することでどういった変化があるのかを見ていきましょう。

オール電化とは?多くの人が抱く誤った認識

実は、多くの人が抱くオール電化のイメージにはいくつか誤解があります。
一番い多いのがオール電化=光熱費を抑えるという考え方ですが、これは必ずしもイコールとは言えないのです。

そもそも、オール電化とは何か?ということですが、オール電化とは家庭で使うエネルギーをすべて電気にすること。具体的には、従来ガスや灯油を使っていた機器から、電気を使った機器へ変えるということです。

○従来
・ガス給湯器
・ガスコンロ
・灯油給湯器
など

○オール電化
・エコキュート
・IHクッキングヒーター
など

ただ、家庭内の機器をすべて電気利用の機器に変えたところで、これだけでは従来のガス代や灯油代が電気代に回るだけ。そのため、今までのガス代と比べて大幅にコストが下がるとは言い切れません。

元のガス代が高い人はオール電化にすると光熱費は下がるが…。

オール電化がコスト的にもお得と思われるイメージは強く、実際にオール電化にすることで光熱費が安くなったご家庭はあるでしょう。

ではどんな家庭で高光熱費が安くなったかというと、光熱費が下がる家庭は、元々のガスの利用が多かったご家庭です。

エコキュートによって電気代の安い深夜帯に効率的にお湯を沸かし、そのお湯を貯めることでガス代がかからなくなったというようなケースです。

オール電化を導入するなら太陽光発電と一緒に導入を

では、オール電化および太陽光発電を設置した場合、効果はどれほどのものになるのでしょうか?
同時に導入をする場合、太陽光発電によって自宅で発電を行い、基本的な電気代を下げます。そしてオール電化(エコキュート)によって深夜の電気代の安い時間帯にお湯を分かることで光熱費を大きく下げることが出来ます。

自宅で電力を供給することで基本的な光熱費を抑え、余剰分がある場合は電力会社へ売電することも可能ですし、電力会社はオール電化の家庭向けにお得な電気料金のメニューを設けていますから、電気料金がさらにお得になるでしょう。

あくまで一例ではありますが、電気と灯油やガスを併用していた家庭がオール電化および太陽光発電に切り替えたところ、年間の光熱費を8割カットできたという報告もあります。

もちろん導入するためのコストがかかるという点は避けることはできません。しかし、地域によっては自治体からの補助金が出る場合もありますし、これだけ大きな恩恵があれば、トータルの費用とカットできるコストを比較し、オール電化および太陽光発電に切り替えを考えてみるのも良いのではないでしょうか?

まとめ

オール電化だけでは、光熱費はそこまで大きく変化しない可能性がありますが、オール電化+太陽光発電に切り替えることによって、大幅コストカットが見込めます。もちろん、環境に優しいということや火を使わない安心感など、オール電化と太陽光発電を組み合わせる効果は大きいでしょう。

弊社では太陽光発電システムの設置の施工事例は5000件を超え、豊富な経験と丁寧な施工から多くのお客様から信頼を頂いております。
施工実績はこちら

豊富な施工実績からお客様にもっとも適したご提案も全力で行わせていただいておりますので、太陽光発電の導入を検討しているものの、疑問や不安があるという方はぜひ一度お気軽にお問い合わせ下さい。