お役立ちコラム

太陽光について気になること、
エコフィットがお答えします!

2017/07/14
太陽光発電をローンで購入することは可能なの?

太陽光発電の導入を検討されている方にとって、「設置費用をどうしよう」というのは大きな悩みの一つ。
電気代削減により家計の助けになる太陽光発電ですが、一般的に設置には数百万円かかることから導入をするのが厳しいと考える人も。

そんな太陽光発電ですが、実はローンを組んで購入することが可能です。

ここでは、太陽光発電をローンで購入する場合のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

太陽光発電でローンを組むには?

太陽光発電の設置のためのローンを組めるかということですが、前述のようにローンで購入することは可能です。新築時なら住まいを建てる際に住宅ローンと一緒に組むことが可能ですし、リフォームの場合なら太陽光発電の設備導入を目的としたソーラーローンを利用できます。

ソーラーローンは多くの金融機関で運用されていて、信販銀行等なら金利は2%前後と、比較的低金利を見込めるでしょう。

太陽光発電をローンで購入した場合のメリットとデメリット

次は、太陽光発電の導入にローンを利用する際のメリットとデメリットを考えてみましょう。
近年、太陽光発電の普及が進み価格も下がってきました。それでも設置費用には数百万円かかるため、総合的にメリット・デメリットを考えて設置しましょう。

太陽光発電をローンで購入した場合のメリット

ローンで賄うようにすれば、家計の収支を圧迫することなく最新の設備を自宅に導入が可能。
例えば、手持ちの資金で用意できる場合でも、それを太陽光発電の購入に使ってしまうと、急な出費に対応できなくなってしまいます。

何かあった場合でもすぐに流用できる資金を確保しておければ、余計なローンを組む等のリスクがなくて済みますから、低利なローンであれば太陽光発電をローンで購入するメリットはあると考えられます。

さらに太陽光発電だけでなく、蓄電池などの設備を充実させれば、日々の光熱費を抑えることはもとより、より一層の省エネや防災に役立つなど、太陽光発電のメリットも増すことになります。

太陽光発電をローンで購入した場合のデメリット

一方、ローンの利用で気をつけないといけない点もあります。

当然のことではありますがローンの返済です。
太陽光発電は売電をして利益を出せるのが利点ですが、生み出せる電気量は設置したシステム内容によって様々。
ローンを組めば利子がつきますし、太陽光発電を長期的に利用すれば設備の老朽化で経年劣化する時期もやってきます。月々の返済額がどの程度になるか、実際にどの程度の利益が見込めて何年間稼働させられるかを把握し、ある程度はきちんとした資金計画を立てないといけません。

太陽光発電向けのソーラーローンなどを利用するにしても、安易な利用は厳禁です。
もっとも、だからと言ってカードローンなど一般的なローンはソーラーローンと比べて高金利で、返済期間も短いので太陽光発電の設置に利用することはおすすめできません。
太陽光発電の設置をローンで考える場合は、その目的に適したローンを探しましょう。

最終的にプラスになるかを見極めるためにもシミュレーションが必要

太陽光発電は日ごろの光熱費削減、売電をすることで利益を出せるシステムですので、その利益でローンを返済すればよいと思われるかもしれませんが、売電だけでローンの返済をしつつ光熱費削減に繋がりそうか事前にシミュレーションを行いましょう。

そのためには導入前の現地調査が必要になります。
現地調査で何をおこなうのか?そもそもどういう流れで導入をするのかは、下記リンク先を見てくださいね。
契約してから売電するまでの流れは?

まとめ

太陽光発電は設置費用がかかるので、ローンの利用を考える人は少なくありません。
ただ、売電だけで費用を回収しようなどと考えるのではなく、ある程度の資金と返済計画を考えておく必要があります。

太陽光発電は省エネや防災などさまざまな面で役立つので、そうした用途を考えればローンを用いても早めに設置する意義は大いにあると言えます。

太陽光発電の導入を検討しているものの、疑問や不安があるという方はぜひ一度お気軽にお問い合わせ下さい。

こちらの記事もおすすめです。

アパート向け太陽光発電、個人住宅向け太陽光発電、
産業用太陽光発電の事なら「エコフィット」

本社へのお問い合わせ
仙台支店へのお問い合わせト
エコフィット
電話:宇都宮本社 電話:仙台支店 問い合わせ